旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ホーム >国内旅行>九州>大分 旅行>大分 観光>耶馬溪・中津・玖珠 旅行>耶馬溪・中津・玖珠 観光>耶馬溪・中津・玖珠 名所・史跡>中津城(奥平家歴史資料館)

中津城(奥平家歴史資料館)

名所・史跡
住所:
大分県中津市二ノ丁  中津城(奥平家歴史資料館) 地図
アクセス:
中津駅から徒歩で15分

中津城(奥平家歴史資料館) 詳しいスポット情報 中津城(奥平家歴史資料館) 関連スポット一覧 編集

1

耶馬溪・中津・玖珠 名所・史跡満足度ランキング

みんなの満足度:
3.48
中津城(奥平家歴史資料館) クチコミ 67件
アクセス :
3.42
人混みの少なさ :
3.60
見ごたえ :
3.73
バリアフリー :
2.54

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中津城(奥平家歴史資料館)が所在しているスポット

中津公園

中津公園

公園・植物園

3.27

中津公園のその他スポット

関連スポットをもっと見る

中津城(奥平家歴史資料館)の概要

城下町中津のシンボルとなっている中津城は、天正15年(1587)黒田孝高(如水)の築城に始まり、以後、細川、小笠原、奥平と城主が変わり、明治4年(1871)に廃藩を迎えた。現在の城は昭和39年5月に旧藩主の子孫奥平家十七代の当主、昌信氏によって再建されたもので、高さ23m(5階)5層の天守閣が新改され2階2層の櫓からなっている。天守閣は資料館として公開され、衣装、刀剣、陣道具、古文書など、奥平家所蔵の宝物が展示されている。城全体の地形が扇を開けた形に似ているので扇城とかいわれ満潮時は海水が内堀に入るので海城ともいわれた。◎黒田孝高(1546-1604)播磨生れ。安土桃山時代の武将。天正の初めより信長に属し、秀吉の参謀として各地に転戦、功あり。天正15年豊前6郡の地を賜う。17年退隠、如水と号す。◎細川忠興(1563-1645)(三斎)。丹後宮津より豊前中津に移封。子忠利に譲り退隠。忠利と共に肥後入国。和歌・蹴鞠・有職に通じ、茶道は利久の弟子。◎奥平昌高(1775-1855)五代中津藩主。寛政2年藩学「進修館」を創立。『蘭語訳選』や『中津バスタード辞書』など、いわゆる「中津辞書」を出版、洋学の発展に貢献。

ピックアップ特集

クチコミ

67

満足度の高いクチコミ(4点〜)34

黒田官兵衛ゆかりの城

  • 4.0
  • 訪問時期:2017/04 (約6ヶ月前)

0人中、0人の方が、「参考になった」と、いいね!しています。

豊臣秀吉の軍師、黒田官兵衛が築き、細川忠興が完成させた三大水城のひとつです。石垣は当時のまま残っており、大きな四角い石垣は黒田時代のもの、小さく丸い石が積まれているのが細川時代のもので違いがはっきりわかります。

cocorico2017さん

cocorico2017さん
(耶馬溪・中津・玖珠 クチコミ 7件)

満足度普通〜低いクチコミ(〜3点)18

本丸跡は城跡というより神社の境内という雰囲気です

  • 3.0
  • 訪問時期:2016/04 (約2年前)

1人中、1人の方が、「参考になった」と、いいね!しています。

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」のせいか黒田家の城という印象が強い中津城。
ですが実質的には享保2(1717)年から明治維新まで中津を治めた奥平家の城です。
現在の天守閣は昭和39(1964)年に建設された模擬天守。
内部は奥平家に関する歴史的資料を中心に展示しています。
また、天守閣前に広がる三斎池に隣接して「黒田官兵衛資料館」があります。
大河ドラマを当て込んで建てられた施設で、中津で黒田家関係の施設はここの... 
続きを読む

経堂薫さん

経堂薫さん
(耶馬溪・中津・玖珠 クチコミ 6件)

  • 展示物が充実。

    満足度: 3.5

    展示物が充実。

    わいはなさん 写真

    わいはなさん
    女性 / 耶馬溪・中津・玖珠のクチコミ : 4件
    旅行時期 : 2017/04(約5ヶ月前)

    日本三水城のひとつ。黒田官兵衛のイメージが強かったが、実際には奥平家のお城でした。展示物の鎧、槍、衣装は一見の価値あり。天守閣からの眺めは素晴らしいです。周防灘までよく見えます。石垣は黒田時代のものが残っていました。福澤諭吉旧居のチケットセットで割引あります。

  • 中津城訪問

    満足度: 4.0

    中津城訪問

    YoAko19さん 写真

    YoAko19さん
    男性 / 耶馬溪・中津・玖珠のクチコミ : 1件
    旅行時期 : 2017/01(約8ヶ月前)

    駅から歩いて15-20分程度。駅構内のインフォメーションセンターで貰った地図で市内の史跡訪問、唐揚げ点によりながらでした。城内は博物館になっており、当時の資料等が分かりやすく展示されていました。天守にも上れ、城主気分を味わいました。

  • 天守閣の横には・・・

    満足度: 4.0

    天守閣の横には・・・

    チュンチュ319さん 写真

    チュンチュ319さん
    男性 / 耶馬溪・中津・玖珠のクチコミ : 4件
    旅行時期 : 2016/12(約9ヶ月前)

    福岡から別府へ向かう途中に立ち寄りました。
    中津にお城がある事を知らなかったのですが、
    きっかけは”美味しい唐揚げ”の店が中津にあると知り
    立ち寄った次第です。
    天守閣の横には資料館もあり、黒田家縁の城と知りました。

    同行者
    カップル・夫婦(シニア)

クチコミをもっと見る 67

Q&A掲示板 0

中津城(奥平家歴史資料館)について質問してみよう!

行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

by YoAko19さん

by わいはなさん

by cocorico2017さん

by ハンマークラヴィーアさん

by たんたんたんさん

by チュンチュ319さん

…他

この観光スポット・名所に関する旅行記32

  • 唐揚げ的聖地巡礼の日帰り旅by shinkさん

    • エリア: 耶馬溪・中津・玖珠
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2017/09/08 - 2017/09/08(1ヶ月以内)

      まあ、そりゃ居酒屋に行けば唐揚げくらいは食べる。 札幌で食べたザンギも美味しかったし、好物とまではいかないまでも好印象奈食べ物というくらいの位置づけなのが唐揚げというもの。 ところで、世の中において唐揚げを愛する人のことをカラアゲニストと呼ぶらしいのだが、それでいれば僕なんて白帯クラス(初心者)というくらい。 そして、大分にある古都、中津という街はカラアゲニストにとっては聖地エルサレムのようなところだという。 唐揚げを軽く愛するものが食べ歩きをしてみたのだが、そりゃ楽しかった。しかし、苦しい日帰り旅になった。 なお、表紙のお店は聖地中津における中心的な存在である「ぶんごや」さん。ここの唐揚げを食べずして唐揚げを語るなかれ、というところだ。 もっと見る(写真22枚)

    • 「どこかにマイル」を使った、大分ぶらい旅.1.大分県北部(宇佐・中津)方面by SHU2さん

      • エリア: 宇佐・豊後高田同行者: 一人旅
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2017/03/31 - 2017/04/01(約6ヶ月前)

         1ヶ月間どこにも出かけられずストレスが溜まり、ストレス解消にJALのマイレ−ジバンクを見ていたら「どこかにマイル」を発見。「どこかにマイル」とは、往復6,000マイルでJALグループ国内線特典航空券が利用できものです。ただし、条件があります。 JALグループ国内線の東京(羽田)、大阪(伊丹)発着の全路線(直行便のみ) 行き先空港は、申し込み時に4つの候補が表示され、申し込みから3日以内に行く先が決定します。すなわち、パソコンかスマートフォンで、「どこかにマイル」サイトへアクセスし、特典航空券の発着地・利用日・時間帯・人数を入力すると国内4つの行き先候補の空港が表示されます。その4つの候補のうちどこになるかわかりません。それで良いのなら申し込むと、3日以内に行き先が決定。申し込み後は日付・搭乗者・発着地・区間などを変更することはできません。  それで今回は大分に決定しました。大分は3年ぶりで、毎年3/31〜4/3は、「別府八湯・温泉祭り」でさくらが満開のため申し込みました。ところが今年はさくらの開花が遅くまだ1分咲きで残念でした。 1日目は、真木大堂・豊後高田・宇佐・中津・別府で、2日目は、臼杵・佐伯・日... もっと見る(写真70枚)

      • 大分のSL(3) 湯布院・中津 レストランから顔を出しているSLと列車ホテルby ミズ旅撮る人さん

        • エリア: 耶馬溪・中津・玖珠
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2016/05/01 - 2016/05/02(約1年前)

          九州周遊SL探訪の旅で、大分県に来ています。 久留米から大分へと走る久大本線に沿って、東に向かっています。中間点の豊後森を過ぎ、由布岳と温泉で有名な湯布院に立ち寄りました。 熊本地震の際には、湯布院も被災して、この時は大分自動車道も通行止めでした。普通の観光客が訪れることも一助になると思うので、青いビニールシートの掛けられた家の散見される湯布院の町を歩いて来ました。 翌日には、中津で奇妙なレストランを訪ねました。建物に、列車が食い込んでいるのです。外から撮影していたら、お店の方が中に招じ入れてくれました。中から見て、自慢のお店なんだなと実感。ありがとうございました。 中津では、中津城と福沢諭吉の旧居にも立ち寄りました。  もっと見る(写真65枚)

        • 今月の旅は・・・福岡〜大分へby チュンチュ319さん

          • エリア: 耶馬溪・中津・玖珠同行者: カップル・夫婦(シニア)
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2016/12/01 - 2016/12/03(約9ヶ月前)

            今年も12月になりました。 今年最終の国内旅行は、九州は大分から長崎へ行きました。 主に古城巡りと世界遺産である長崎のキリスト教会を 訪ねました。 もっと見る(写真41枚)

          • 大分旅行記〜2016 中津市編〜by ろくおさん

            • エリア: 耶馬溪・中津・玖珠
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2016/10/20 - 2016/10/22(約11ヶ月前)

              久しぶりの大分。 杵築を歩きたくて、周辺を含めて旅をしました。 改めて感じた事は、大分は、食の宝庫でした。 さすが、九州です! 九州大好き! 1日目…大分旅行記〜2016 国東市編〜“大分空港” 2日目…ちょい旅〜2016 福岡・吉富町編〜→中津城→福沢諭吉記念館→宇佐・宇佐神宮→杵築・杵築城跡→別府・不老泉→大分市内(泊) 3日目…大分市内→別府・竹瓦温泉→大分空港→伊丹空港 もっと見る(写真43枚)

            • 不良会社員出張記?!北のお次は西の地へ?!〜赤壁・合元寺編〜by 空飛ぶ旅人さん

              • エリア: 久住・九重・日田・中津同行者: 友人
              • 関連タグ:

                • 旅行時期: 2016/10/20 - 2016/10/20(約11ヶ月前)

                ※[不良会社員出張記?!北のお次は西の地へ?!〜中津城編〜]の続きです。 中津城を後に、もう少し時間があるので市内観光をすることにします。 中津城に近い赤壁・合元寺に行ってみることにします。  もっと見る(写真3枚)

              • 不良会社員出張記?!北のお次は西の地へ?!〜中津城編〜by 空飛ぶ旅人さん

                • エリア: 久住・九重・日田・中津同行者: 友人
                • 関連タグ:

                  • 旅行時期: 2016/10/20 - 2016/10/20(約11ヶ月前)

                  ※[不良会社員出張記?!北のお次は西の地へ?!〜先ずは搭乗手続き?!編〜]の続きです。 北九州空港で早々に搭乗手続きを済ませた私は、大分の中津を目指します。 先ずは・・・「中津城」を目指しますか! もっと見る(写真14枚)

                • 紅葉には少し早かった耶馬渓&中津 1泊2日の旅【2日目:レンタサイクル利用で、中津城下町〔4〕(中津城、黒田官兵資料館、奥平神社、中津大神宮など)観光編】by masapiさん

                  • エリア: 耶馬溪・中津・玖珠同行者: 一人旅
                  • 関連タグ:

                    • 旅行時期: 2016/11/06 - 2016/11/06(約10ヶ月前)

                    週間天気予報を見ていると、来週の土日の天気が良さそうだったのです。 こうなると、また何処かに行きたい病が発症してしまうのです。 急の旅行で飛行機を利用すると安くは行けない為、九州内の特急に乗って手軽(時間&費用)に行ける、長崎、大分、別府を検索すると、ホテルがもう取れない状況だったのです。 そこで、以前から少し興味のあった城下町の杵築に行こうと思い、杵築唯一のビジネスホテルも予約出来たのですが、泊まりで杵築だけに行っても時間を持て余すと思うと、急に行く気が褪せてしまったのです。 杵築観光協会HP:http://www.kit-suki.com/ 杵築行きを止めて、今度は中津行きを検討したのですが、以前TVで観た「軍師官兵衛」で中津の地名も頻繁に出て来た中、中津城にも興味を持っていたので、機会があれば中津にも一度行きたいと思っていたのです。 ただ、中津観光も半日で済みそうだったので、1日目は耶馬渓観光、2日目は中津観光と決めました。 今回の日程は、下記の通りです。 11月5日(土) 博多 8時23分−特急ソニック7号−中津 9時50分 九州ネット切符:2,830円 大分交... もっと見る(写真159枚)

                  • 諸国城下町“公共交通”耽訪記[豊前国]中津藩 by 経堂薫さん

                    • エリア: 耶馬溪・中津・玖珠同行者: 一人旅
                    • 関連タグ:

                      • 旅行時期: 2016/04/10 - 2016/04/11(約2年前)

                      江戸時代の日本には徳川将軍家を筆頭に三百諸侯のお殿様がおりました。 その数だけお城や御殿や陣屋があり、周辺に城下町が広がっていました。 お城を中心に構築された“小宇宙”城下町を公共交通機関(鉄道/バス/船舶)だけで訪ね歩く旅。 今回は豊前・豊後の二国(現在の大分県)に割拠する城下町を巡りました。 その一カ所目は大分県と福岡県の県境にある海沿いの町、中津。 2014年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の舞台の一つとなりました。 その黒田“如水”官兵衛が開き、後を受けた細川“三斎”忠興が築き、奥平家が150年にわたって治めた町。 シンボル中津城に登れば、黒田官兵衛が描いた天下統一への夢が見えるよう。 また、中津は蘭学と医学の町でもあります。 市内には医学の史料館が2つもあり、日本の近代医学が花開いてゆく過程が学べます。 そして中津といえば(?)福沢諭吉。 彼自身は中津に思い入れがあったどうか知りませんが、中津側は熱烈ラブコール! 少年時代を過ごした旧居が保存され、隣には業績を一望できる記念館が立ってます。 さらに中津の名物料理といえば鱧(はも)と唐揚げ。 戦国ロマンと維新の息吹に触れ、ご当地グルメを味わう…そんな... もっと見る(写真78枚)

                    • 国東半島から日本最重要の宇佐神宮、そして中津へ???by norisaさん

                      • エリア: 宇佐・豊後高田同行者: カップル・夫婦
                      • 関連タグ:

                        • 旅行時期: 2016/03/27 - 2016/03/31(約2年前)

                        大分県も先の熊本地震では少なからぬ被害がありました。 特に温泉地である別府や湯布院では交通網の被害があったため観光産業にも少なからぬ損害があったようです。 一刻も早い復興と正常化を祈願いたしますーー。 (この旅行記はあの震災の20日ほど前に旅したものです) >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> 北九州旅行三日目は大分県中心にめぐります。 大分と言えば別府や湯布院が有名。 しかし、それらは以前に家族で回りました。 今回は国東半島、そしてその西側を中心に歩きました。 どうしても行きたかったのは(本当は)日本で最も重要かもしれないと言われている神社=宇佐神宮です。 卑弥呼が実在していたことを証明し、2000年以上の及ぶ皇室の系譜が解き明かされるのか。 興味の尽きない日本史ではありますーーー。 もっと見る(写真69枚)

                      旅行記をもっと見る 32

                      このエリアに旅行をご検討中の方へ!

                      フォートラベルポイントが航空券代金の最大10%分たまる!

                      フォートラベルの国内航空券なら、JAL、ANA、スカイマークをはじめ、話題のLCCも含めた13社の国内航空会社から、その時期おトクにいける航空券を比較しながら、予約できます。
                      急な出張や休暇が取れたときでも…出発の3時間前までご予約いただけます!

                      今すぐ!国内航空券を検索する

                      施設情報

                      ※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

                      施設名:
                      中津城(奥平家歴史資料館)
                      郵便番号:
                      871-0058
                      住所:
                      大分県中津市二ノ丁 (地図
                      電話番号:
                      0979-22-3651
                      URL:
                      http://www.nakatsujyo.jp/
                      アクセス:
                      中津駅から徒歩で15分
                      営業期間:
                      9:00〜17:00 休館日なし
                      夏季(5月〜9月)は18:00まで
                      予算:
                      子供 200円 団体30名以上 150円
                      大人 400円 団体30名以上 300円
                      その他:
                      築城年代1: 1588年
                      カテゴリー:
                      観光・遊ぶ>名所・史跡

                      施設情報の訂正・追記はこちら施設情報を変更する

                      耶馬溪・中津・玖珠地図

                      ※実際のポイントと離れている場合があります。

                      地図を拡大表示