大阪城・京橋旅行 クチコミガイド

大阪カテドラル 聖マリア大聖堂

名所・史跡
住所:
大阪府大阪市中央区玉造2-24-22  大阪カテドラル 聖マリア大聖堂 地図
アクセス:
地下鉄中央線「森ノ宮駅」より徒歩10分、・JR大阪環状線「森ノ宮駅」鶴見緑地線「森ノ宮駅」より徒歩15分

大阪カテドラル 聖マリア大聖堂 詳しい施設情報 編集

6

名所・史跡満足度ランキング

(大阪城・京橋55件中)

みんなの満足度:
3.80
大阪カテドラル 聖マリア大聖堂 クチコミ 11
アクセス :
3.45
人混みの少なさ :
3.73
見ごたえ :
3.77
バリアフリー :
3.33

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

大阪カテドラル 聖マリア大聖堂の概要

明治27年(1894)に「聖アグネス聖堂」として建てられたが、空襲で焼失。昭和38年(1963)に「大阪カテドラル聖マリア大聖堂」に生まれ変わった。敷地が細川大名家の屋敷跡であったことから、大聖堂前広場には細川ガラシャとキリシタン大名・高山右近の石像があり、壁面には、故堂本印象氏による画「最後の日のガラシャ夫人」が掲げられている。細川ガラシャは、明智光秀の三女で、細川忠興に嫁いでキリスト教の洗礼を受けた。関ヶ原の戦の際、人質として大坂城へ入ることを拒んで自決。一方、高山右近は高槻の領主で、禁止されていたキリストへの信仰を貫き、マニラに追放された。大聖堂の約100個の窓はステンドグラスで、イエスキリストと聖母マリアの生涯が描かれている。2,400本のパイプを持つパイプオルガンの音色も素晴らしい。

クチコミ 11

  • 敷地は、細川忠興の屋敷跡

    たびたびさん 写真

    たびたびさん
    男性 / 大阪城・京橋のクチコミ : 39件
    旅行時期 : 2014/04(約5ヶ月前)
    大阪カテドラル聖マリア大聖堂は、カトリック大阪大司教区の大司教座が置かれ、格の高い教会だそうです。敷地は、細川忠興の屋敷跡。忠興の正妻、ガラシャ夫人の最期の地でもあり、教会の正...もっと見る
    同行者
    一人旅
  • 細川忠興邸跡に建つ大聖堂

    すぶたさん 写真

    すぶたさん
    女性 / 大阪城・京橋のクチコミ : 49件
    旅行時期 : 2014/04(約5ヶ月前)
    細川ガラシャ夫人(お玉)のことはたぶん聞いたことあるのではないでしょうか。 細川忠興の妻で明智光秀の三女です。 キリシタン大名の高山右近と知り合い、 洗礼を受けてキリスト教徒...もっと見る
    同行者
    一人旅
  • 細川邸の跡地にあります!

    常連さん 写真

    常連さん
    非公開 / 大阪城・京橋のクチコミ : 31件
    旅行時期 : 2014/02(約7ヶ月前)
    大阪森の宮駅から南西(玉造)に方向にあります。この付近一帯は、細川家の屋敷があったところであり、見学してきた史跡「越中井」も屋敷の台所跡です。教会は、純白の白色の建物に淡いブル...もっと見る

クチコミをもっと見る 11

旅行特集 4Tマガジン

Q&A掲示板 0

大阪カテドラル 聖マリア大聖堂について質問してみよう!

行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

テレーズさん

by テレーズさん

cookieさん

by cookieさん

すぶたさん

by すぶたさん

たびたびさん

by たびたびさん

愛さんさん

by 愛さんさん

常連さん

by 常連さん

…他

この観光スポット・名所に関する旅行記2

  • 大阪城周辺からいつもの京都市内散策(一日目)〜天満から大阪城周辺は秀吉のおひざ元。天下の台所、上方の最先端エリアはコンパクトな町割です〜by たびたびさん

    • エリア: 大阪城・京橋同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/04/05 - 2014/04/05(約5ヶ月前)

    私の持論ですが、日本の歴史の中で文化が爆発した時代は、三つ。それは、天平時代、安土桃山時代、明治時代です。文化は、異質なものと交わることで化学反応を起こすのです。それぞれシルクロードで西洋ともつながっていた国際国家、唐に、大航海時代の幕開けを牽引した南蛮諸国、帝国主義で世界を震撼させた欧米列強と接触することで、日本の文化は大きな影響を受けたのですが、それだけでなく、日本では、なぜかその時代に、もっとも日本らしい、その後の精神の支柱になる文化が生まれたのがとても面白いところ。和辻哲郎もそうした日本人の特性について、古寺巡礼の中で、対象は天平時代ではありますが、しきりに触れています。 日本は、島国で鎖国が長かったというのが、今の日本人の常識になっていますが、そればかりではない。徳富蘇峰は、明治維新はなんだったのかを考えるために、一生を費やした人ですが、織豊時代から説き起こさなければ明治維新のなんたるかは分からないとし、『近世日本国民史』を著しました。 さて、大阪城は淀君と秀頼が自刃したイメージが強すぎて、ネガティブな見方をされることも少なくないのですが、戦国時代を終わらせ、実... もっと見る(写真137枚)

  • 日本の旅 関西を歩く 大阪市中央区の大阪カテドラル聖マリア大聖堂周辺by さすらいおじさんさん

    • エリア: 大阪城・京橋旅行テーマ: 歴史・文化・芸術
    • 旅行時期: 2011/09/27 - 2011/09/27(約3年前)

    大阪カテドラル聖マリア大聖堂は、カトリック玉造教会の教会堂で「大阪カテドラル」と呼ばれ教会の記念する聖人は「無原罪の聖母(聖マリア)」。 創立は1894年だが「聖アグネス聖堂」は1945年の大阪大空襲で焼失し現在の大聖堂は1963年に再建された。 敷地は細川大名家の屋敷跡で大聖堂内内陣左側には細川ガラシャを描いた画「最後の日のガラシア夫人」があり、聖堂正面の壁画「栄光の聖母マリア」、右側の「高山右近」とともに堂本印象の作。ステンドグラスは羽淵紅州の作、十字架や聖像はオーストリアの彫刻家ルンガルチエの作と、一流の芸術家を集めて造られている。パイプ数2400の巨大なパイプオルガンでも知られる。 大聖堂の外には聖母マリア像、高山右近像とともにガラシャ夫人像があり、庭園にはアリギーニ作とされるファチマの聖母と羊飼い像がある。聖マリア大聖堂全体が宗教芸術遺産といえる美しい教会だ。  越中井は細川越中守忠興邸内にあったものといわれている。1600年の関ケ原戦の直前に忠興が家康に従い上杉攻めに出陣中、石田三成は在坂諸大名の妻子を人質にしようとしたが忠興夫人玉子(洗礼名ガラシャ)はこれに... もっと見る(写真31枚)

旅行記をもっと見る 2

施設情報

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

施設名:
大阪カテドラル 聖マリア大聖堂
郵便番号:
540-0004
住所:
大阪府大阪市中央区玉造2-24-22 (地図
電話番号:
06-6941-2332
URL:
http://www1.ocn.ne.jp/~catholic/
アクセス:
地下鉄中央線「森ノ宮駅」より徒歩10分、・JR大阪環状線「森ノ宮駅」鶴見緑地線「森ノ宮駅」より徒歩15分
営業期間:
9:00〜16:00(聖堂で儀式等が行われている場合は聖堂内に立ち入らないで下さい)
カテゴリー:
観光・遊ぶ>名所・史跡

この施設情報を編集するこの施設情報の訂正・追記を行います