小樽旅行 クチコミガイド

新日本海フェリー

乗り物

新日本海フェリー 写真 95

登録者: はーちゃんさん

住所:
北海道小樽市築港7-2 勝納埠頭、苫小牧東港、舞鶴、敦賀、新潟、秋田  新日本海フェリー 地図

新日本海フェリー 詳しいスポット情報 編集

1

小樽 乗り物満足度ランキング

みんなの満足度:
4.17
新日本海フェリー クチコミ 29
乗り場へのアクセス :
3.46
人混みの少なさ :
3.79
コストパフォーマンス :
3.90
車窓 :
4.16
バリアフリー :
4.06

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

クチコミ 29

満足度の高いクチコミ(4点〜)21

男湯からは奥尻島横に沈む日本海の夕日(小樽→新潟)

  • 4.0
  • 訪問時期:2014/12 (約5ヶ月前)

0人中、0人の方が、「参考になった」と、いいね!しています。

小樽と新潟を結ぶ便を利用しました。
船は「らいらっく」。総トン数は18,229トン。苫小牧と八戸を結ぶシルバーフェリーの船に比べ2倍あまりの総トン数です。おかげで揺れやモーターの震動がかなり違います。
どちらも夜行便を利用しました。天候にもよったかと思いますが、波による揺れ、ビリビリと伝わるモーターの震動が八戸便のシルバーフェリーに比べて断然穏やかです。船室もモーターから離れた比較的前の方に配置され、... 
続きを読む

しそまきりんごさん

しそまきりんごさん
(小樽 クチコミ 144件)

満足度普通〜低いクチコミ(〜3点)3

さすが冬の日本海

  • 3.0
  • 訪問時期:2015/03 (約2ヶ月前)

1人中、1人の方が、「参考になった」と、いいね!しています。

今回で多分10回は利用させてもらってます。
揺れなかったら快適で楽しいですが、今回は初めてのメチャ荒れ!
これもフェリーの醍醐味(笑)
映画みてレストランで食事してフェリーを楽しみました〜。
夏にまた利用してみたいなー(≧∇≦)

ご飯大好きさん

ご飯大好きさん
(小樽 クチコミ 4件)

  • 新日本海フェリーは2度目の乗船で最初の印象とは変化

    satom4traさん 写真

    satom4traさん
    男性 / 小樽のクチコミ : 2件
    旅行時期 : 2015/04(1ヶ月以内)

    SHKグループで宿泊の小樽オーセントホテルも同様、新日本海Fは最初敦賀から秋田の東北四大祭りだったがゆったりして印象も良かった。今回4つのフェリーで評価はいい方にはない。ゆーか... 
    続きを読む

  • 苫小牧−秋田−新潟−敦賀便。陸に近い所を通るので、景色が良いです

    かめさん 写真

    かめさん
    非公開 / 小樽のクチコミ : 3件
    旅行時期 : 2014/09(約7ヶ月前)

    2014年9月、苫小牧−秋田−新潟−敦賀の経由便を予約しましたが、台風の影響で、新潟・敦賀間は欠航となり、苫小牧−新潟間を乗りました。相変わらず、所構わず喫煙して、ポイ捨てする客が... 
    続きを読む

  • 暇つぶしを考えないと?

    やんまーさん 写真

    やんまーさん
    男性 / 小樽のクチコミ : 7件
    旅行時期 : 2014/08(約8ヶ月前)

    今回、初めて、新日本海フェリーを、舞鶴から小樽まで利用しました。
    まず、舞鶴までどうやって行くか考えた時、パス付のチケットがあったので、そちらを利用しました。
    小樽からは最寄り... 
    続きを読む

クチコミをもっと見る 29

Q&A掲示板 0

新日本海フェリーについて質問してみよう!

行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

satom4traさん

by satom4traさん

ご飯大好きさん

by ご飯大好きさん

しそまきりんごさん

by しそまきりんごさん

ふぉん ばけさん

by ふぉん ばけさん

わいちゃんさん

by わいちゃんさん

九州大好きさん

by 九州大好きさん

…他

この交通施設に関する旅行記12

  • 春の日本一周ゆったり船の旅 九日間 その5by satom4traさん

    • エリア: 余市同行者: カップル・夫婦(シニア)旅行テーマ: 日本一周
    • 旅行時期: 2015/04/10 - 2015/04/18(1ヶ月以内)

    7日目;幸い今日も天候に恵まれて(天候不順だがスタートの日と伊勢のみ雨)7時津軽アップランド出発、青森駅でバスと別れ特急スーパー白鳥(8:25-10:36)で飛行機や船でしかない青函トンネルは初体験で無事函館に。ここから特急北斗(10:36-11:59)長万部に途中大沼公園まで台湾の団体が指定席まで立ち席であふれていた。JR北海道も増車するなりすればいいのに、日本の印象がいっぺんに上がるのに。それとここの特急は帰りに特急サンダーバードと比べてスピードもノロイ感じ。 長万部で迎えのバスに乗り、駅弁で有名な「かなや」で蟹飯(駅弁で優勝とかだが、フレーク状で蟹の身が少なく不評)を食して、余市のニッカウヰスキー余市蒸留所に、NHKの「マッサン」で有名になり随分見学者が増えたようで、ウイスキー工程見学と3種類の試飲と土産物を購入で一時間。小樽のオーセントホテルに宿泊。 このホテルや阪九フェリー、明日乗船の新日本海フェリーもすべてSHKグループ企業だ。夜は自由食なので寿司店が揃っている通りに行って食べるが夫婦で1万円を超えた。  もっと見る(写真25枚)

  • 2015年初日の出は空の上から(その2、青春18きっぷで札幌・小樽をうろうろと)by かずおさん

    • エリア: 小樽同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/01/01 - 2015/01/01(約3ヶ月前)

    飛行中の機内から初日の出を見ることが出来たジェットスター101便は順調に北へと進み、ほぼ定刻通りに新千歳空港へ到着。最大の目的を果たしたものの、このままとんぼ返りで本州へ戻るのも勿体無いのでふらっと18きっぷを使って出かけることにしましょう。帰りの便は20時15分発のピーチ関空行きなのでちょうど時間は12時間ほどあります。 もっと見る(写真103枚)

  • 北の大地へ還る旅 心赴くままに駆け抜けた夏 Part4 憂愁の帰路by はーちゃんさん

    • エリア: 富良野・美瑛・層雲峡同行者: 一人旅旅行テーマ: ドライブ・ツーリング
    • 旅行時期: 2014/07/25 - 2014/08/02(約9ヶ月前)

    7月31日から8月1日にかけて。 道東から士幌町・上士幌町を抜け三国峠へ。 層雲峡はスルーし美瑛に入りました。 第一印象として、私が望む美瑛の景観はそこにはなく、また道東や道北はキャンパーやバイクでソロツーリングする人らが多かったのに対し、美瑛・富良野はどこへ行ってもレンタカーばかり。美瑛の丘を下見がてら走っていて、突然にやる気が消失。道東、もしくは道北を離れるのが一日早かったと悔いましたが今から再び戻る訳にもいかず。日高、胆振、後志地方のいずれかに移動するか迷ったのですが、いずれも消去法的で心が動かず、結局昨年同様予定を1日繰り上げて帰ることにしました。 今年はガイドブックに載っているような有名な木は1枚も撮らなかった。四季彩の丘等にも近づかないようにした。道案内の目印として有名な木に行きはしましたが、どこへ行っても立ち入り禁止の注意書きや電柵があって、観光客のマナーは改善していないんだなとしみじみ感じ入った。道をはさんで反対方向の丘の上だったのでいちいち怒ったり注意したり出来なかったのだが、畑の中にレンタカーを乗り付けて楽しそうにしている人がいて激しく失望。 それに、麦畑が刈り取... もっと見る(写真92枚)

  • 北の大地へ還る旅 心赴くままに駆け抜けた夏 Part1 旅立ちby はーちゃんさん

    • エリア: 釧路・根室・中標津同行者: 一人旅旅行テーマ: ドライブ・ツーリング
    • 旅行時期: 2014/07/25 - 2014/08/02(約9ヶ月前)

    気がつけば1年ぶりの投稿ですね。 皆様お久しぶりです。2014年の夏も北海道に行く事ができました。 昨年は散々な思いをした旅でしたが、今年は3月にクルマを乗り換えたこともあり、過去最も楽に旅を出来ましたが、一方で北の大地を駆け抜ける喜び、濃密な時の経過、旅が終わったあとの余韻が少し希薄に感じました。できれば1度で良いからオープンのスポーツカー、あるいはバイクでたっぷり時間をかけてツーリングしたい、そんな夢を描きながら夏の終わりを迎えています。 さて、今年の旅ですが結果的には例年とほぼ同様の新鮮味のない旅です。天候が雨でも晴れでも一切気にせず、与えられた条件をありのまま楽しもうと考え、目的地やルートも直前まで何も計画しませんでした。ただ、この時期外せない津別峠と、せっかくの新月の週だったので天の川の撮影だけは行っていこうと考えました。小樽に上陸してから、本当に心の赴くままに自由に駆け抜けた旅となりました。 多くは観光地を訪れていますが、一般的な旅行とは時間の使い方、訪問時刻、視点がだいぶ異なっていると思いますのであまり参考にはならないし旅行記としては退屈かもしれませんが、自分自身... もっと見る(写真63枚)

  • 憧れの北海道バイクツーリング vol.4 〜道南ってどうなん?〜 第5日目〜最終日by わいちゃんさん

    • エリア: 苫小牧同行者: 一人旅旅行テーマ: ドライブ・ツーリング
    • 旅行時期: 2014/08/14 - 2014/08/19(約8ヶ月前)

    早いものでもう北海道最終日になってしまいました。天気は悪くなる一方だし、やんなっちゃうなあ。 もっと見る(写真18枚)

  • 夏の北海道!2012 - その8by tdrさん

    • エリア: 稚内・宗谷同行者: 家族旅行旅行テーマ: ドライブ・ツーリング
    • 旅行時期: 2012/08/09 - 2012/08/18(約3年前)

    さて、いよいよ夏の北海道の最後の日。 礼文島から稚内にわたり、オロロン街道を南下して一気に小樽へ、そして本州へ...  もっと見る(写真23枚)

  • 日本縦断 北海道から沖縄へ その3 新日本海フェリー乗船記(小樽〜舞鶴)by オーヤシクタンさん

    • エリア: 小樽同行者: 一人旅旅行テーマ: クルーズ
    • 旅行時期: 2014/05/09 - 2014/05/15(約1年前)

    皆様、こんにちは。オーヤシクタンでございます。 日本縦断の旅は北海道を離れ、小樽から京都府舞鶴まで航海距離1061キロ、21時間45分の船旅です。 表紙写真‥日本海を航行するフェリーあかしあ。 −−−−−−−−−−−−−−− 平成26年5月10日(土)〜11日(日) 小樽港 23:30出港 ↓ 舞鶴港 翌日21:15着 南小樽駅から歩く事、約25分。 小樽港のフェリーターミナルには、これから乗るフェリーあかしあの巨大な船体が岸壁に横付けされていました。 これから乗船するフェリーあかしあ(16810トン)です。 全長224.5m‥電車11両分の長さがあります。 でかいなぁ〜 これから、この船に乗るのか… 今日の天気とこの船なら大丈夫。 心が躍る反面、心配事が‥ 船酔い… 船旅がしたくてたまらないくせに、船にはあまり強くありません。 昔、伊豆大島に行く時に船でグロッキーになった事もあります。 あの、船のゆら〜ゆら〜とした揺れは胃のあたりが重くなりムカムカとくる。 おまけに時化にでも遭遇してしまったら… 絨毯敷きの船室でマグロのように横たえ苦しみと闘う。 丸一日、そんな事に耐えられるのか‥ 7日間で日本縦断するなら飛行機の方が効率的だろうと思う。 もっと場所場所での... もっと見る(写真20枚)

  • 小樽港までのフェリーby tabinakanotaekoさん

    • エリア: 小樽同行者: カップル・夫婦(シニア)旅行テーマ: クルーズ
    • 旅行時期: 2013/08/04 - 2013/08/05(約2年前)

    旅の荷物というものは交通手段で違ってくる。 飛行機だと数日の旅でも4週間の旅でも荷物は それほど変わらない。 ところが車となるとこれもあれもと際限なく、 ちょっとした引っ越しのような荷物となった。  もっと見る(写真15枚)

  • 桜咲く道南へ(その3)by かずおさん

    • エリア: 積丹半島同行者: 一人旅旅行テーマ: 花・自然・動植物
    • 旅行時期: 2011/05/02 - 2011/05/05(約4年前)

    「駅の宿ひらふ」に泊まって迎えた5月5日は早くも北海道滞在の最終日。今日は夕方に予約してある出発便までに新千歳空港に到着すればいいだけということで予定は全くナシ。ただ漠然と、天気が良ければ積丹半島かなぁ〜くらいに思いながら比羅夫駅を後にしたのでした。 もっと見る(写真63枚)

  • 年越しは北海道で(その2、洞爺湖から小樽へ)by かずおさん

    • エリア: 小樽同行者: 一人旅旅行テーマ: 花・自然・動植物
    • 旅行時期: 2012/12/31 - 2013/01/05(約2年前)

    2013年がやってきました、明けましておめでとうございます。 ということで室蘭白鳥大橋のニューイヤー花火が強風のため中止となる新年早々のアクシデントにいつまでもガッカリしているわけにもいかないので、気を取り直して初日の出と久しぶりの冬の北海道旅行を楽しみたいと思います。 もっと見る(写真90枚)

旅行記をもっと見る 12

施設情報

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

施設名:
新日本海フェリー
郵便番号:
047-0008
住所:
北海道小樽市築港7-2 勝納埠頭、苫小牧東港、舞鶴、敦賀、新潟、秋田 (地図
URL:
http://www.snf.jp/
カテゴリー:
交通>乗り物

施設情報の訂正・追記はこちら施設情報を変更する

周辺のおすすめホテル

周辺のホテル一覧を見る

小樽地図

※実際のポイントと離れている場合があります。

地図を拡大表示